水瓶さん!ちょっと聞きたいんですけど、いいですか?

ん?どうした?

僕、モデルになりたいんですけど、やっぱりモデル事務所に入るのが一番なんですか?

そうだね。モデルになって何をしたいとかはある?

そうですね。やっぱりモデルになって、CMに出たりとか、雑誌出たりとかしたいですね。

なるほど。だとしたら、モデル事務所に入って活動することをオススメするよ。中でも、CMや広告の案件数などのチャンスの多さから東京のモデル事務所が一番おすすめだよ。
具体的に説明していくね。

CMや広告に出演するならモデル事務所に所属が第一条件

モデルの仕事の醍醐味の1つでもある大手企業のCMや広告。TVやWebサイトを見ていたら、ふと自分が流れてくると、感慨深いものがあります。
しかし、そのためにはモデル事務所に所属している必要があります。
その理由について見ていきましょう。

大手企業広告では、企業間同士で契約が結ばられるから

時々、フリーランスでモデルをしている方もいますが、大手企業のCMや広告に出演することを望む場合には、モデル事務所に所属することが必要です。というのも、大手企業のCMや広告撮影には多くに人が関係しています。

例えば撮影当日に

  • 撮影当日にモデルが現場に来ない
  • オーディション通過後、本番日当日に髪型を大幅に変えて来てしまった
  • オーディション通過後、本番日当日にものすごく日に焼けて来てしまった

などがあった場合、責任の所在を明らかにして、何らかの対応をしていく必要があります。こういったトラブルが発生した時のことを考えると、個人にその責任を求めることは難しくなってきます。大手企業のCMや広告になると、責任の所在を明らかにしやすいモデル事務所に所属しているモデルを起用することが多くなっています。

TV局・出版社・広告代理店との繋がりを持っているから

モデルがモデル事務所に所属するメリットは、やはりチャンスを数多く掴むことができるからでしょう。モデル事務所は、TV局や出版社、キャスティング会社や広告代理店などと強いパイプを持っています。これは一朝一夕で作り上げることが出来るものではなく、仕事をしていく中で少しずつ積み上げられてきた信頼によるものです。そこには、守秘義務への信頼やモデルの質への信頼、コミュニケーションに対する信頼など様々です。モデル個人が、その1つ1つを各社と築いていくのは、かなり時間と労力が掛かります。
モデル事務所に所属することで、豊富なチャンスを掴む可能性が生まれます。

モデル活動のイロハを学ぶことができるから
モデルにとってコンポジは、仕事を取るための武器。日々、磨くことが重要。

モデルとして活動していく時に必要なもの

  • コンポジ
  • プロフィール
  • BOOK

この辺りは、モデル活動をしていく上で、最低限必要なものですが、それ以外にも無形資産として必要なものがあります。

  • 作品撮りの際にお願いできるカメラマンとの人脈
  • オーディションが通らない時に改善点をアドバイスしてくれる存在
  • モデルのコミュニティ

上記は、形のないものですが、非常に重要なモデルとしての資産です。
カメラマンとの繋がりが全くないと、作品撮りが出来ないので、どうしても古い写真を使うことになっていきます。写真が古いものだと書類選考の通過率が下がり、思うように仕事が取れません。通常、売れているモデルは3ヶ月程度で、写真を入れ替えます。6ヶ月以上、写真が変わっていないと、書類選考に通過しづらくなってきて、オーディション自体に呼ばれません。
その意味では、腕の良いカメラマンとの繋がりは非常に重要です。とはいえ、最初はなかなかカメラマンとの繋がりもありません。モデル事務所に所属することで、コンポジやプロフィールなどを撮り慣れている腕の良いカメラマンやヘアメイクを紹介してもらうことが出来ます。
モデルは、活動をしていく中で、このような無形資産を1つずつ作っていくことが重要です。

作品撮りをしてくれるカメラマンの存在はモデルにとって大きい
東京のモデル事務所がおすすめ
地方企業のCMや広告も東京で撮影しているケースが多いから

地元に根付いて、それぞれの地方で展開しているというメーカーや企業が日本には多く存在します。中堅以上の企業になると、より知名度を高めるためにTV-CMやYouTubeで流れるWeb-CMを作っている会社もあります。
そんな各地方のCMですが、制作などの撮影自体は、東京や大阪など都心部の制作会社が行っていることが多いのです。中でも東京には、全国各地の企業からCMや広告の制作オファーがあり、その分、モデルにとっても出演チャンスが増えるわけです。
「地方で活躍したい!」と考えるモデルやタレントの方は多くいますが、まずは東京で活躍してから、その実績が認められ、各地方のローカル番組に進出するというケースも多いのです。
東京のモデル事務所に所属することで、より多くのCM・広告に出演するチャンスを掴むことが可能となります。

撮影案件数が多い事務所がおすすめ

さて、いざモデル事務所に入ろうと思っても、東京には数多くのモデル事務所があり、どこを選んで良いのか分からないという方も多いと思います。
これは、一言で言うと「より多くのチャンス=撮影案件数を持っている事務所がオススメ」ということになります。

モデルとして、モデル事務所に入ったは良いけど
「全然、仕事が振られてこない..」
「オーディションに呼ばれたことがない..」
「レッスンばかり受けさせられている..」
という話は、よく聞きます。

モデル事務所に入ったからには、有名企業のCMや広告に出演する、少なくともエントリーしたいですよね。CMや広告案件にエントリーして、書類選考で落ちてしまった..となれば、プロフィールやコンポジを刷新するために作品撮りをするなど対策を取れますが、そもそもエントリーもしていないのでは、対策も何もないですよね。
しかし、実際には「半年で1回しか仕事の連絡が来なかった..」などという話も聞きます。まずは、Webサイトなどを見たり、実際に所属しているモデルに話を聞いて、案件を多く持っている事務所かどうかを見極めることが第一条件になります。

有名人の所属有無よりも、自分に仕事が振られるかが重要

モデル事務所を選ぶ基準の1つに「有名人がいるかどうか」を入れている方は多いと思います。もちろん、有名人がいるということは、それだけ安心感があり、実績のある事務所ということなので、基準として大切なポイントではあります。

しかし、有名人がいる事務所に入れば安心かというと、実情はそうではありません。有名人のバーターの仕事等を期待しても、モデル活動においては実際はほとんどそのような仕事はないのが現状です。そのため、所属しているだけで、全く仕事が振られてこないという声はよく聞きます。

大切なのは、モデル事務所の規模や有名人の所属の有無よりも、実際に自分が事務所に所属した時にきちんと仕事を振ってくれる事務所かどうか、です。

現時点では実績がないモデルに対しても、きちんとチャンスを振ってくれる事務所なのかどうか。この点が、事務所選びにおいては非常に重要であることを覚えておいてください。

まとめ | モデル事務所の選び方

いかがでしたか。CMや広告に出演したいという方は、まずはモデル事務所に入ることが重要です。中でも撮影案件数の多さから東京のモデル事務所に入ることをおすすめします。モデル事務所に入ることで得られるものは、オーディションや撮影のチャンスだけではなく、作品撮りをお願いできるカメラマンさんやアドバイスをしてくれるモデルの先輩の存在など、無形資産も非常に価値のある財産です。

地方企業のCMや広告も、モデルを起用するような規模感の撮影であれば、東京で行われているケースが多く、その分、モデルにとってもチャンスが増えます。ですから、東京のモデル事務所に所属することがおすすめです。
ただし、有名人が所属している事務所だからと言って、実績のない自分にも必ずチャンスが振られてくるわけではありません。新人モデルに対しても平等にチャンスを振ってくれる事務所であるのかどうかを見極めることが重要です。

東京赤坂に本社を置くアクエリアスモデルズでは、年間の撮影案件数は1,300件以上。新人モデルに対しても、きちんと仕事を振っていくスタイルが好まれています。事務所選びは、モデルとしての自分の未来を作っていく大切な一歩と言えます。CMや広告にモデルとして出演したいという方は、ぜひご応募ください。
新しい可能性との出会いをお待ちしています。

ご応募はこちらから